に投稿 コメントを残す

サイズ感が丁度イイ!エルパソの中判(約163×81cm)ラグマット”ホークアイ”シリーズ

こんにちは「RUG FOREST」です。

おかげさまで売れ行き好調なエルパソサドルブランケット”中判”サイズのラグマット。最近になって色・柄も増えてきたので、まとめてご紹介してみたいと思います。あえて”中判”と書いてますが、あくまでも個人的な主観でこのような括りにしてるだけですのであしからず。

ここではメーカー(エルパソ)公表で64×32インチとなっているものを取り上げていますよ。「おいおい、インチで言われてもピンとこねーよ!」というツッコミは華麗に受け流しつつ進めていきます。ちなみに1インチは約2.54cmですので、センチに換算すると「162.56×81.28cm」になりますね。目安としては畳1帖よりひと回り小さ目くらいてとこでしょうか。

ここでちょっと豆知識

USメーカーのサイズ表記って判り難い!という方、結構多いと思います。長さ(距離)の単位はインチ・フィート・ヤード・マイル、重さはオンスやらポンド(パウンド)やら…しかもポンドに至っては、記載する場合「lb」と書きます。全員立ち上がっての「Pじゃないんかーい!」というツッコミもむなしく、LBなんすよね…ホントわかりづらい(-_-;)

古代ローマではこの単位を天秤の意味の「リブラ (libra)」と呼んでおり、これがポンドを表す記号“lb”の由来である。また、通貨の単位のポンドの略号“£”もlibraに由来する。「○○リブラの重さ」を“○○ libra pondus”と言い、このことから“pondus”がリブラの別名となった。
ウィキペディアより

ちなみに諸説ありますが、1インチ(2.54cm)は”親指の幅”くらい、1フィート(30.48cm)は”1歩分の歩幅間”くらいと言われています。この2種類は当店の記載でもよく使っていますのでこの機会に覚えてしまいましょう!

さて前置きはこのくらいにして本題。現在当店で取り扱っている中判サイズのラグマットは、すべてHawk-eye(ホーク・アイ)シリーズのモデルになっています。で、ホーク・アイとは…?という疑問が浮かびますが、これはみなさまお馴染み、あの!伝説のカウボーイ(名前忘れた)ロデオチャンピオンのあだ名”ホーク・アイ”にちなんでシリーズ化したモデル名という事ですので、あまり気にしなくてもイイですよ(笑)今後、ホーク・アイシリーズ以外の色柄も増えていく予定ですので乞うご期待。それではモデル別にご紹介していきましょう!

Saltillo Hawk-Eye Rugs(全8色)

鮮やかな色使いのベーシックなネイティブ柄デザイン

SALTILLO HAWKEYE RUGS/ラグマット Saltillo Hawk-Eye Rugs[64×32]ラグマット

Feather Hawk-Eye Rugs(全5色)

ネイティブ柄に繊細なピンストライプ風デザインが秀逸

Feather Hawk-Eye Rugs[64×32]ラグマット Feather Hawk-Eye Rugs[64×32]ラグマット

Original Hawk-Eye Rugs(全12色)

ネイティブ柄デザインとボーダーストライプのコンビネーション!カラーバリエーションも豊富です。

Original Hawk-Eye Rugs[64×32]ラグマット Original Hawk-Eye Rugs[64×32]ラグマット

Rio Concho Hawk-Eye Rugs(全6色)

ボーダーストライプの両サイドにネイティブ柄定番のコンチョデザインを添えたレトロウェスタン調の雰囲気◎!

Rio Concho Hawk-Eye Rugs[64×32]ラグマット Rio Concho Hawk-Eye Rugs[64×32]ラグマット

サイズ感がポイントです♪

どのモデルもUSビンテージ風や西海岸風、カントリー系やインダストリアル系など様々なスタイルのインテリアに馴染みます。大きさ的にはキッチンマットサイズ程度。リビングなどで仕切りとしてのエリアマットや、お店等ならディスプレイのアクセント用にもおすすめです。アイデア次第で様々な使い道があり、ちょっとしたスペースで使えるサイズ感がポイントです♪

SALTILLO HAWKEYE RUGS/ラグマットそれほど嵩張らないので移動や収納にも困りません。ご自宅のお庭やウッドデッキで今流行りの”ベランピング”や、もちろんキャンプ用にもオススメです!当店では、キャンプ用途には比較的マルチに使えるブランケット類をオススメしていますが、ベテランキャンパーさんやこだわり派のおしゃれキャンパーさんは皆さま上手に取り入れて活用してもらっていますよ。

SALTILLO HAWKEYE RUGS/ラグマット

番外編

当店ではネイティブ系ラグを語るうえでは欠かせないブランド「オルテガ」製品も取り扱っていますが、似たようなサイズ感があるのでこちらもご紹介。ウール素材、USメイドでチマヨ村の伝統工芸織物という事もあってお値段は張りますが、一見の価値アリです。

Chimayo Blanket/チマヨブランケット/ラグマット[約152×76cm]

美しく繊細な柄を正確に紡いでいく手織りの技術はさすがの一言。柄は1つずつ異なるので、全てが一点物というところも良いですね。

チマヨブランケット[60x30] Chimayo Blanket/チマヨブランケット/ラグマット[60×30]

まとめ

いかがでしたか?リビングで使用するにはややコンパクトなサイズ感ながら、ネイティブ柄ならではの色・柄でしっかりと存在感をアピールしてくれます!しかもこのサイズ感だからこそ移動や持ち運びが簡単、収納場所にも困らないのでお部屋の模様替えも苦になりませんね(笑)

なおエルパソ製品は基本的に継続展開しているモデルで月に1~2回くらいのペースで輸入しておりますので、現在完売となっているカラーについても少々お待ち頂ければ再入荷も期待できます。狙っていた色・柄が売り切れていてもあきらめないで!定期的に当HPをチェックして頂けますと幸いです。m(_ _)m

ラグマット商品一覧ページはこちら

店舗一覧

RUG FOREST 本店(推奨)
RUG FOREST アマゾン店
RUG FOREST 楽天市場店
RUG FOREST ヤフー店
RUG FOREST ヤフーオク店

に投稿 コメントを残す

新生活応援!1人暮らしにこそオススメしたいメキシカンラグとその理由

こんにちは「RUG FOREST」です。

春ですね!
新しい生活の始まりにワクワクする季節。何年経ってもこの気持ちは変わらないものです(^^)
と同時に、入学・卒業・入社・転勤などなど、新生活に向けて色々な準備に奔走しなければならない季節でもあります(‘Д’)
場合によっては新しい環境に引っ越して方も多いと思います。
今年(2018年)は特に運転ドライバーの人手不足という事で、「引っ越し難民」なる言葉まで登場するほど業者の確保が大変なんだとか。。
新しい環境への準備でただでさえ色々大変な時期なのに、引越業者の確保にも神経を使わなければいけないとなると、、考えただけでも恐ろしい…(;・∀・)

かくいう私も独身時代はそれなりに多くの引越しを経験してきた一人なのです。
いわゆる”転勤族”の方ほどでは無いかもしれないけれど、かれこれ10回くらい?でしょうか。。
そんな引っ越しのセミプロとでもいうべき私から、特に「独り暮らし」をこれから始める方へのアドバイス。

Cabo/チマヨ柄ラグ素材クッションカバー

「物は買いすぎるな!」

である。ちょっと端的すぎてアレなんですが、、
新生活ともなると「アレも必要でしょ~、コレも必要でしょ~、、あ!アレも買っておいた方がイイな!うんきっと必要になるよ、たぶん!」て感じで色々”揃えようとしすぎてしまう”のですよね…

私も若かりし頃、最初の独り暮らしではそんな感じでしたね。
ただ、どうしても必要な物というのは確かにあって、慌てて買いそろえる羽目になる事が多いのですよ。

例えばカーテン。無くても死ぬ訳ではないが、無きゃ無いで夜とか部屋の中丸見え!じゃあちょっと買いにいくか~となってお店に行くと、アレもコレも欲しくなっちゃうんですよ。ええ、わかります(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

あとはカーペット。ライフスタイルにもよりますが、取り敢えずの独り暮らしとなると基本的には「諸々条件内で、なるべく安くて、できるだけ広いところ」て感じで部屋を探すと思うのですが、そうすると古い物件になりがちで。私の場合は2Kくらいのアパートが多かったですかね。そうすると大抵「畳の部屋」なんで、何か敷きたいな~ってなります。で、「どうせ敷くなら家具や荷物を入れる前に」と考えて、後から気に入ったものに変えればイイよね(←結局最後まで変えない)と自分に言い訳をしながら適当な物を買って敷いてしまうんですよ。ええ、わかります(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

それに加えて”独り暮らし用家電”。小さ目の冷蔵庫、小さ目の炊飯器、小さ目の電子レンジ、容量小さ目の洗濯機(小さくはない)などなど…
まあ、必要なんですけどね。必要なんですが、、、断言しましょう。

これらはすぐに捨てる羽目になる!

すぐに、は大げさすぎるかなw でも、まあ個人的な感覚としてはすぐにでしょう。
私のように引っ越し10回ともなると、2年に1回のペースでも20年かかります。実際には定期的に引っ越していた訳ではなく、6年くらい住んだとこもあれば半年でまた次、て事も。。それでもなぜか?引っ越しの度にたくさんのゴミが出るんですよ~(;・∀・)

その1.カーテンやカーペット

次回に引っ越した先ではまず使えない(使わない)でしょう。知っている人は知っていると思いますが、窓の大きさや床の広さって、同じように見えても微妙にサイズが異なるんですよね。カーテンは幅が合わなかったり、寸足らずだったり逆に長すぎたり。床は同じ6帖でも間取りの取り方で形が違うし…もっといえば部屋の角て「必ず直角」じゃないんですよね…数ミリ単位でズレがあるので、これによって隙間が出来たり、きっちり収まらずにペロっとめくれあがったり…何よりも、思ってるより多くのホコリが溜まっているはずなので、それを新居に持ち込む気にはならないでしょう(笑)

その2.移動で壊れやすい家電

これは独り暮らし用家電に限りませんけど、、家電て大掛かりな移動で結構壊れやすいのです。特にヤバいのは洗濯機と冷蔵庫。洗濯機は2回(水漏れ)、冷蔵庫は1回(ガス抜け?)引っ越し先で使えなかったことがあります(‘Д’)…壊れるのはしょうがないんですが、安い小型家電って意外に電気代が高くついたりすることもあるんでよねえ…これらはあると便利な物なので「買うな」とは言いませんが、せっかく買うならちゃんと吟味しましょう!

その3.同居人が増えれば不要になる

理由やタイミングは様々(結婚・出産・介護・実家に戻るなど)ですが、自由気ままな独り暮らしが終焉を迎え、いざ同居人が増えればきっと小さい家電は買い替える事になるでしょうし、趣味の合わないカーテンや家族みんなで座れないソファは捨てられる事になるでしょう(笑)

その4.他にも要らなかったかなぁ…と思った物

  • 安物のパイプベッド→底板が抜けたw 安いので修理する気にもならず…
  • 多すぎる洋服→職業柄ファッションアパレル系に携わっているので仕方ないが、もうそんなに種類は要らないなあ(笑)。今後は良い物だけを厳選して数を減らしたい!
  • 100均の調理器具→すぐに壊れるw プロ愛用の~みたいなちゃんとした道具が欲しいなあと思う今日この頃。

最終的にはだんだん荷物が減っていきましたけどね。引っ越しを繰り返す度にどんどん要領がよくなって、荷物をコンパクトにまとめる術が身に付きましたよ(^^)。まあ、それでもまだまだ達人の域には達しませんけどね。理想はトランク1つでどこにでもすぐに行ける、寅さんレベルです(笑)

そこで「メキシカンラグ」ですよ

Pueblo Blanket/プエブロブランケット

この人、唐突に何言ってるの!?(‘Д’)
て感じですよね。ええ、わかります(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

でも、趣味でキャンプに行くようになった今になって思うのです。
あの時の敷物やブランケット類をメキシカンラグにしておけばと…
メキシカンラグなら持ち運びも簡単♪収納にも困らない♪そしてオッシャレ~!(手前味噌全開)
何より、キャンプに行けば逆に大活躍のアイテムになりますから!

今ではランタンやバーナー類とか、テーブルとかチェアとかを物色する度に
「これで独り暮らし乗り切れたんじゃね?」とすら考えるようになりました(笑)
調理器具やカトラリー類だって、キャンプ用の物を吟味して買っておけば今も活躍していたに違いない…(-_-;)

そう、”キャンプ用も兼ねて”という前提で独り暮らしに必要な物を揃えていけば、引っ越しの度に捨てていたゴミもあんなに出なかったんだろうな~と…(;・∀・)

おしゃれキャンプ

え?道具持ってないからキャンプなんて行かない?

大丈夫。道具なんて後付けで何とかなります!
まずはメキシカンラグとお弁当だけ用意して、ピクニックから初めてみましょう!
そうすると、カッコイイキャンプ用チェアとテーブルが欲しくなりますので、それらと焚火台を用意して次はBBQだ!
そこまでクリアしたなら「次のキャンプ、どこ行く?」って話題になりますよ、きっと♪

なぜなら、あなたはすでに「メキシカンラグ」という素敵なキャンプ道具を持っているのだから!

最後は米国企業のキャッチコピーを無理矢理日本語訳にした風で締めてみました( `ー´)ノ

店舗一覧

RUG FOREST 本店(推奨)
RUG FOREST アマゾン店
RUG FOREST 楽天市場店
RUG FOREST ヤフー店
RUG FOREST ヤフーオク店